スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りょうの病気

一昨日の11月23日の午後11時頃、りょうの様子がおかしい。
舌の色と歯茎が白っぽいし、お腹も少し膨れてる感じが。
慌ててかかりつけの動物病院に電話。いつもなら連絡をすれば夜間診療してくれるのですが、この日に限って先生不在の留守番電話。
何軒か電話し、留守番電話に先生の携帯番号が録音されてる病院が・・・
すぐに連絡をすると、初めて受診する病院、それに遅い時間なのに快く診察して頂きました。


先生の診察中もりょうはとてもきつそう。
血液検査をすると赤血球の数値がかなり低い。
バベシア症の疑いがあるかもと検査するも違う。
少しお腹の毛を剃ってエコーで確認すると、液体が確認されました。
ここまで赤血球の数値が低いと輸血が必要。
この時すでに夜中の1時前。この時間じゃどうにも出来ない。
一番近くて確実に輸血出来る病院は、山口大学の動物病院しかない。
それも、前日に予約してからじゃないと診察は難しいらしい。
診察もAM9時から。電話もAM9時~PM4時までしかつながらない。
先生が山大に持って行く紹介状を書いてくださり、僕もAM9時前から山大に電話するから!と
言って頂き、帰宅。

病院に行く時は、自力で歩けたけど帰りは歩くのを拒否。
パパが抱いて家に入る。
りょうは、どうしても寝室で寝たくてフラフラしながらも寝室へ。
そんなりょうを見て、小春はりょうにベッタリくっつき添い寝。
どれくらいだろう?30分くらいかな?今度はリビングに行こうとするりょう。
支えながらリビングで横になる。
呼吸も浅い。
私たちは、「頑張れ!頑張れ!」とずーっと声をかける。

夜中に家を出て、山大に行こうと思ったけど、りょうの状態を見ていると、今動かすと良くないと思い、AM6時に出発。
パパが抱いて車に乗せた時、一瞬痙攣して呼吸が止まった。
パパがりょうの顔や胸を叩いたら、また呼吸し始めました。
このまま自宅で・・・とも思ったけど、りょうはまだまだ生きたいと思ってる!
高速で1時間ちょっとで到着。
その間、私はりょうの傍で呼吸と表情の確認をしながら、声かけ。

受付時間までもずーっとパパと声かけをしながら車内待機。

AM8時30分になり受付開始。
パパが紹介状を持って受け付けに行くと、前日までに予約をしてないと診察を出来ないと断られる。
その時、偶然外科の先生が受付に来られ事情を話し泣きつき今回だけは特別に診察をしてもらえるように。

午前中、血液検査・レントゲン・CTの検査の結果、脾臓血管腫瘍から肝臓へ転移している様ですと言われ、午後1時すぎから輸血開始と少ししてから緊急開腹手術。

手術は3時間くらいかかりました。
手術開始から1時間半たったくらいに脾臓を摘出後に出血して血液が足りなくなる可能性があるので小春の血液検査をさせてくださいと。
小春は、頑張って検査を受けてくれました。
その時に、りょうの容態を聞くと、お腹の中に2500CCの血液が溜まっていて、抜く時に血圧が下がったけど、今は安定していますと言われ少し安心。

手術も無事終わり先生がりょうに会わせてくれて、色々説明を受けました。
脾臓はすべて摘出。転移した肝臓の腫瘍も大きいものは摘出出来たけど全部は取りきれなかった。
でも、止血はすべて出来た様子。
腫瘍は、検査の結果待ちだけど、簡易検査の結果では、悪性とゆう事。

りょうの様子は、痛み止め(モルヒネ)が効いていているのか、幻覚があるのか、私たちのほうを見ようとするのか、カラーが気になるのか、お腹が痛いのか、頭を上げてはバタンと下ろす。
一応、容態は落ち着いているし、付き添いも出来ないので本日は自宅に帰る事に。

先生方やりょうが頑張ってくれたのは勿論ですが、小春も長い待ち時間だったけど頑張ってくれました。

そして、何より応援して頂いた皆様の励ましがりょうに届きました。

本当に本当にありがとうございます。


予断は許されない状態ですが容態は安定しています。

意味不明な所があると思いますがお許しください。
取りあえずご報告まで。



皆様も、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シェパードへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
     

コメント

No title

りょうっ!!頑張れ!!!
ぱぱ・ママ・小春が待ってるゾーーーv-363

梅ゴン母さん

ありがと~!
その気持ちりょうに届いてるからね。

ブログを読ませて頂き、とてもショックです・・。
こないだまでは、小春ちゃんと飛び回って遊んでたのに・・。
回復して、また小春ちゃんと砂浜を駆け回る姿を見せてね。

手術、よく頑張りました。元気になりたい!と思う、りょう君の強い思いが叶ったのですね、きっと。

りょうママさんとパパさんの、諦めないお気持ちがすごく伝わります。

ピーターが同じ事になったら、ここまで行動ができるのか、正直言って自信がありません。痙攣が起きて呼吸が止まった時点で、諦めてしまうかも・・。
りょう君も小春ちゃんも、素晴らしい飼い主さんと巡り会えて幸せです。

早く元気になること、心からお祈りしています。

無理されないよう、お体を大切になさって下さい。

mimipi-nさん

ありがとうございます。

順調に良い方向に向かって頑張っている所です。

応援メッセージ、りょうに届いてます。
本当に、ありがとうございます。
Secret

     
プロフィール

りょうママ

Author:りょうママ
2010年3月に10歳になった小春と2009年12月に9歳でお空に旅立ったりょう。
小春との生活を楽しみながら、りょうの思い出に浸ってる毎日です。

最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。